information

4月6日のSYMPHONIA FRIDAY EBU SPECIAL LIVE

 

今週4月6日のSYMPHONIA FRIDAY EBU SPECIAL LIVE

 

 

ハノーファー・北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の演奏会、

ソリストにはピアノのイゴール・レヴィットが登場です。

昨年の来日時には

次期ベルリン・フィルの指揮者、キリル・ペトレンコとの

ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」が話題となりました。

 

 

☆ベートーヴェン作曲
 『 エグモント序曲 』

          ハノーファー・北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)
                           アンドルー・マンゼ(指揮)

 

 

☆ベートーヴェン作曲
 『 ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 』

(アンコール)
☆ベートーヴェン作曲
 『 ピアノ・ソナタ 第10番 第2楽章 』

                         イゴール・レヴィット(ピアノ)
          ハノーファー・北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)
                           アンドルー・マンゼ(指揮)

 

*以上2017.11.23 ハノーファー,ブロードキャスティングハウス、グランドスタジオでの録音。

 

 

 

 

*SYMPHONIA FRIDAY EBU SPECIAL LIVE*

every Friday  4:00~5:00 on TOKYO FM

Facebookページ facebook.com/symphoniaTFM

お便りはこちら

 

 

2018-04-04 | informationComments Closed